消費者金融から総量規制オーバーでも借りれる?

 

総量規制で年収の1/3までしか借りれない消費者金融から総量規制以上でも借りれる方法は例外貸付を利用することです。

 

例外貸付は貸金業法によって年収3分の1以上でも借りれることが認められています。

 

例外貸付と認められている貸付を紹介します。そして下記で赤くなっている貸付に関して詳しく説明していきます。

  • 顧客に一方的に有利となる借り換え
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
  • 配偶者と併せた年収の1/3以下の貸付
  • 個人事業主に対する貸付
  • 預金取扱金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付

 

おまとめローンなら年収3分の1以上でも借りれる

 

消費者金融や信販会社にはカードローンとは別商品として、おまとめローン専用商品を取り扱っていることがあります。

 

おまとめローンとは複数ある借入(貸金業者に限る)を1つにまとめて、返済額や金利を下げて無理なく返済していくようにする商品です。

 

このおまとめローンなら年収の3分の1以上でも借りることはできます。総量規制以上ある人は、新たな借入ではなく、おまとめローンを選択するべきと考えます。

 

総量規制をオーバーしても借りれるおまとめローンでおすすめなのが、オリックス・クレジット株式会社のVIPフリーローンです。

 

オリックスは消費者金融では信販会社の部類ですが、総量規制の対象となります。

 

オリックスVIPフリーローンの詳細はこちら⇒

 

銀行カードローンなら専業主婦(夫)は総量規制以上でも借りれる

 

専業主婦(夫)の年収は0円です。本来なら0円×1/3=0円となるため、専業主婦(夫)は借りることはできないのです。

 

しかし例外貸付によって配偶者年収の1/3までなら借りれるようにはなっています。専業主婦(夫)が借りる場合、配偶者の同意(書面)が必要となります。

 

法律的に専業主婦(夫)に貸してもいいことになっていますが、実務的にはプロミスやアコムといった大手消費者金融は行っていません。

 

専業主婦(夫)におすすめなのは銀行カードローンです。全ての銀行ではなく、上限は30万円~50万円までと小さくなっていますが申込することができます。

 

特におすすめは楽天銀行カードローンとイオン銀行カードローンです。最大50万円までかりることができます。ちなみ銀行カードローンは配偶者の同意は不要です。

 

専業主婦におすすめ銀行カードローン

カードローン 上限
楽天銀行カードローン(スーパーローン) 50万円
イオン銀行カードローン 50万円

 

個人事業主は総量規制超えても借りれる

 

おまとめローンと同じように個人事業主であれば、年収の3分の1以上でも借りれます。

 

消費者金融や信販会社には個人事業主専用のローン(一般的にビジネスローン)を取り扱っているところがあります。

 

資金使途は事業資金としてだけでなく、生活費等として使うことが認められています。

 

ビジネスローンのメリットは、最短即日融資を受けることができることです。個人事業主は突然まとまったお金が必要となることもあるため、最短即日で借りれるのはありがたいのではないでしょうか。

 

一方デメリットとしては金利がとにかく高いということです。国や銀行からなら5%以下で借りれることがほとんどです。ただ審査が厳しかったり、融資までに時間がかってしまうことがあります。

 

プロミスのビジネスローン(自営者ローン)

限度額 300万円
借入利率 6.3%~17.8%(実質年率)
年収3分の1の借入

 

除外貸付に該当すれば年収3分の1以下になるかも?

 

ここまで例外貸付を説明しましたが、総量規制には除外貸付があります。

 

例えば住宅ローンを借入と計算すれば年収の何倍もあるため、消費者金融から借りることができません。住宅ローンは除外貸付に該当するため、借入としては計算されません。

 

除外貸付を借入として計算しなければ、まだ年収の3分の1以下かもしれません。下記に除外貸付を紹介します。

  • 不動産購入または改良のための貸付(つなぎ融資含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額医療費の貸付
  • 有価証券担保貸付
  • 不動産担保貸付
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
  • 手形(融通手形除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付

 

銀行カードローンは総量規制の対象外だけど総量規制以上借りれない?

 

総量規制の対象外であるため、本来銀行カードローンは年収の3分の1以上でも借りれることができます。

 

ただ多くの銀行カードローンは借入できる金額の上限を年収の1/2~1/3としているため、総量規制以上借りれないことがあります。

 

銀行の自主規制というかたちで制限を設けている理由は、銀行カードローンが過剰貸付をして、自己破産が増えた原因と問題になったからです。

 

総量規制以上借りれることが大きなメリットだった、それがない今は金利の低さと安心感となっています。審査時間が最短翌営業日となっていて即日融資も受けられなくなっています。

 

新生銀行カードローンレイクは2018年4/1からグループ会社から「レイクアルサ」というブランド名の消費者金融となっています。商品内容に大きな違いはありません。