銀行カードローンをおまとめローンとして利用するメリットは?

おまとめローンのメリットは借入が1つになり金利が下がる点にあります。その点から消費者金融をおまとめローンとして利用することにもメリットは十分あります。現在複数の消費者金融から100万円以上借入しているのであれば消費者金融でまとめても金利は15%以下に下がります。これは貸付が100万円以上の上限金利が15%と法律で定められているからです。

 

しかし銀行カードローンの上限金利はほとんどが15%以下の設定となっています。また金利は限度額が高くなるにつれ低くなっていくため、おまとめローンは金額が高くなるので低い金利で利用できることは間違いありません。また返済額についても銀行カードローンのほうが低いので月々の返済が楽になるメリットもあります。

 

返済額が低くなると完済するまでに返済する総支払額が結局増えてしまうという指摘がよくあります。実際最低返済額だけを支払していれば総支払額が増えるのは事実なのですが、最低返済額は低いということは無理なく返済できるということも言えます。

 

総支払額だけに着目してしまい毎月の返済額が高いカードローンを利用してしまって支払ができなくなってしまったら本末転倒なのです。毎月の最低返済額は低いことにこしたことはないのですが、そこには利用者の早期完済に対する意欲が大事になってくるのです。

 

毎月の返済額を上げれば完済は早くなりますので、余裕がある時は最低返済額+αを返済することが大事であり、それを可能にするのが銀行カードローンなのです。

 

銀行カードローンをおまとめローンとして利用する最大のメリットは低金利であることです。

 

銀行カードローンは限度額が高くなると金利が下がる?

おまとめローンは低金利で利用できる点がメリットとなります。銀行カードローンは上限金利が消費者金融より低いのはもちろん限度額が大きくなるにつれて金利が低くなるのです。おまとめローンは少なくて100万円以上で多い人だと300万円や400万円といった人もいるかもれません。

 

どの銀行カードローンでも100万円を超えると金利が下がる傾向にありおまとめローンとしてはむいているのです。消費者金融も限度額が大きくなれば金利は低くなりますが具体的に何%になるかは不明なのです。

 

銀行カードローンの金利に詳細!
限度額 三井住友銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン
100万円超~200万円以下 10.0%~12.0% 9.6%~12.6%
200万円超~300万円以下 8.0%~10.0% 7.1%~9.6%
300万円超~400万円以下 7.0%~8.0% 6.1%~7.1%
400万円~500万円 6.0%~7.0% 1.8%~6.1%

銀行カードローンはおまとめローンとして利用しても限度額内なら借入できる?

消費者金融でおまとめローンを利用すると返済のみとなり限度額内での借入というカードローンの最大のメリットが利用できなくなります。

 

それにひきかえ銀行カードローンは消費者金融のようにおまとめローンに特化した商品があったりなかったり銀行によっていろいろです。おまとめローン専用商品があれば目的別ローンとなり返済のみの商品となります。

 

例えば三井住友銀行にはカードローンしかなくおまとめローン専用の商品はありませんが、イオン銀行にはカードローンとは別にフリーローン・おまとめローンの専用商品があります。

 

この限度額内で借入できることが早期完済へ繋がるポイントかもしれません。返済額を上げられない理由として何か急なお金が必要となっては困るため返済額を減らしてしまうことがあります。しかし限度額内で借入ができるのであれば多少無理をしても返済額を多く入金できるものなのです。

 

毎月多く返済してもそれを借入してしまっていては意味がなく借入できるのにしないというのは相当強い意思が必要なことになってくるでしょう。自分に甘い人は消費者金融等の返済のみの商品で借入をするのも選択の1つになります。

地方銀行は意外と積極的?

おまとめローンとネットで調べるとメガバンクやネット銀行などの情報しか載っていないことがあります。しかしメガバンクは近くにない、ネット銀行はちょっと不安といった人もいるはずです。そんな人の中には地元にある地方銀行を利用したいと思うかもしれません。

 

その考えは正解で、意外と地方銀行はおまとめローンに積極的なところが多いのです。カードローンは住宅ローンなどの商品と比較すると貸倒のリスクはあるが保証会社の代位弁済もあり、金利が高いことにより利益率もいい商品となっています。

 

そうなると必然的にどこの銀行も貸付残高を伸ばそうと考えます。手っ取り早く貸付残高を伸ばすには高額の融資を行えばいいのですが、新規でいきない数百万円の融資をすることはリスクが高すぎるため、おまとめローンを利用して貸付残高を伸ばそうとしているためおまとめローンに積極的なのです。

 

デメリットは審査までに時間を要すことや下限金利が少し高い点が挙げられます。

銀行カードローンでまとめるデメリットは?

銀行カードローンは消費者金融と比較すると返済額が低くなっています。それがデメリットと言えるのです。返済額が下がることがなぜデメリットなのかと思うかもしれません。

 

返済額が下がることがデメリットというかそれにより完済までの総返済額が多くなってしまうことになる時があるのです。せっかく金利が下げた意味がなくなってしまうのです。

 

銀行カードローンでまとめる事に成功すればできる限り返済額は下げるこなく取引していきましょう。

銀行カードローンと消費者金融の返済額を比較

借入 三井住友銀行カードローン プロミス
100万円 15,000円 26,000円
150万円 20,000円 30,000円
200万円 40,000円 25,000円

 

おまとめローンでも無利息が利用できる銀行カードローン

消費者金融に多いのですが一定の条件を満たせばカードローンを無利息で利用できるサービスを受けることができます。プロミスやアコム、アイフルは初めての契約に限り30日間無利息サービスがあります。

 

これは契約から30日間は利息が一切発生せず無利息期間中に完済すれば借入した金額だけ返済をすればいいというサービスで利用者として非常にありがたいサービスとなっています。

 

しかし消費者金融の場合はおまとめローンや借り換え専用商品を利用すると無利息期間サービスを受けることができません。無利息期間サービスを受けたいからといって通常のカードローン商品を利用してまとめようとしても総量規制で借入することが難しくなってしまうのです。

 

消費者金融とは違って銀行カードローンをおまとめローンとして利用すれば無利息期間サービスを受けることが可能となってきます。そもそも無利息期間サービスがある銀行カードローンがあることも知らなかった人も多いかもしれません。

無利息期間がある銀行カードローン
カードローン 無利息期間
ジャパンネット銀行カードローン 30日間
新生銀行カードローンレイク 30日間または5万円までなら180日間

銀行カードローンで無利息期間サービスがあるのは上記のジャパンネット銀行カードローンと新生銀行カードローンレイクの2商品だけになります。レイクは2つの無利息期間サービスがある珍しいカードローンとなっているのです。

 

どちらも初めての利用にという条件付となっています。また返済が遅れたりと一定の条件で無利息期間が停止になることもありますので注意が必要となります。

銀行にはおまとめローン専用商品がある?

銀行はカードローンをおまとめローンとして利用するところもあれば、消費者金融のようにおまとめローン専用商品やフリーローンを利用することもあります。

 

専用商品やフリーローンとカードローンの一番の違いは追加での借入ができるかできないかになります。

 

カードローンの特徴としては限度額内であれば繰り返し追加融資を受けることができるのに対して、専用商品やフリローンの場合は追加融資は受けることできません。

 

つまり完済するまで返済のみということになります。これは本気で完済したいと考える人にとってはメリットといえますが急なお金が必要となった場合にすぐに借入できないというデメリットもあります。

 

消費者金融もおまとめ専用の商品となりますので契約後に追加融資を受けることはできません。