デビットカードに審査はあるのか?

 

クレジットカードと似たようなカードでデビットカードといものがあります。

 

クレジットカードが後払いなのに対してデビットカードは決済と同時に口座からお金が引落としされます。つまり現金で買い物しているのと変わらない感覚です。

 

デビットカードはお金を借りるのではなく、自分のお金を使うことになるため、審査はありません。また成人している必要もなく15歳になれば作れることがほとんどです。

 

デビットカードにはクレジットカードのようにVISAやJCBがあり、海外やネットショッピングでも利用できます。

 

デビットカードを扱っている銀行

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行

 

デビットカードのメリットは?

 

メリット

  • カード発行に審査が無く誰でも利用できる
  •  

  • 現金が必要ないのでATM手数料の節約になる
  •  

  • お金の管理がしやすい
  •  

  • VISAやJCBのマークがあれば海外やネットで利用できる

 

デビットカードのデメリットは?

 

デメリット

  • キャッシングできない(現金が借入できない)
  •  

  • 年会費がかかる
  •  

  • ポイント還元率が悪い
  •  

  • 利用できない支払がある

 

デビットカードはクレジットカードのようにキャッシング機能がついていません。

 

またポイント還元率が低くなります。例えば楽天VISAデビットの場合は、1000円で2P~5P(ゴールドなら5P)貯まるのに対して、楽天カードであれば100円で1Pが付与されることになりクレジットカードの方がお得に貯めることができます。

 

デビットカードの最大のデメリットは支払できないものがあるということです。公共料金やETCカードとして利用できません。

 

クレジットカードは持っているだけで信用がありますが、デビットカードを持っていても信用があるということにはなりません。

 

プリペイドカードとの違いは?

 

デビットカードの他にもプリペイドカードというものがあります。プリペイドカードは先ほども説明したように前払いになります。

 

プリペイドカードを持っているだけでは利用できず、あらかじめチャージをしておいて、その範囲内で買い物ができるのです。

 

一見デビットカードと同じようですが、デビットカードは銀行口座と直結しているため、わざわざチャージをしたりする必要がありません。

 

プリペイドカードにもVISAやJCBがありマークのある店で利用することができます。