返済が遅れたら金利が変わる?

 

カードローンの返済は遅れずに返済するのが基本となりますが、実際は遅れて返済する人も結構いるのも事実です。借入する時は返済は遅れずにするつもりでいるのがほとんどですので遅れた時の利率はあまり気にすることはありません。

 

ちなみに遅れた時の利率は遅延損害利率と遅れた時の利息はと遅延損害金と呼ばれています。遅延損害利率は約定返済日の翌日から返済するまで適用されます。

 

遅延損害利率は通常利率より高く、固定されていることがほとんどです。銀行カードローンは上限金利が高くても14%後半に設定されていますが、遅延損害利率は14%~20%近くに設定されています。

 

また銀行カードローンは限度額が高くなるにつれて通常の利率は下がっていきますが、遅延損害利率は限度額に関係なく一定になっています。つまり限度額が20万円でも200万円でも同じ利率が適用されるのです。

 

遅延損害利率を確認!
カードローン 通常利率 遅延損害利率
アコム 3.0%~18.0% 20.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 19.94%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 1.8%~14.6%
住信SBIネット銀行 MRカードローン(プレミアムコース)  0.99%~7.99% 20.0%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% お借入残高に対して借入利率+2.1%

 

カードローン別で通常利率と遅延損害利率を比較しました。アコムは遅延損害利率が20%になっていてプロミスやアイフルでも20%になっています。消費者金融の遅延損害利率は20%になっているところがほとんどです。

 

銀行カードローンの遅延損害率はいろいろありますが先述した通りほとんどが14%~20%に設定しています。三菱東京UFJ銀行カードローンは通常利率と遅延損害利率は同じ設定となり遅延損害金が一気に増えることはありません。

 

住信SBIネット銀行のMRカードローンは業界最低水準の低金利になのですが遅延損害利率は20%と高くなっていますので遅延損害金が増える割合はすごく高くなります。

 

カードローンを選ぶ時に通常利率に注目して選ぶことは間違いではありません。遅延損害利率を気にして選ぶ必要はありませんが、延滞してしまったら低金利で借入しても、高金利が適用されるということは覚えておくべきことです。

 

返済が遅れたら信用情報はどうなる?

 

返済が遅れたら信用情報には延滞した記録が残ります。ただ1回の遅れがカードローンの審査に大きく影響することは少ないです。

 

しかし毎回返済が遅れているようであれば審査する側もあまりいい印象を持たないので不利になってくることもあります。

 

一番問題なのは返済をせず3ヶ月以上放置した場合です。3ヶ月以上延滞すると異動情報(ブラックリスト)として記録されてしまい5年~10年記録され続けます。

 

これは3か月後に返済をしても消えることはなく返済をしたらそれ専用の異動情報が記録されるのです。異動情報があればまず審査に通ることはありませんので5年~10年はローンやクレジットカードは作れなくなります。

 

遅れていないのに遅延損害利率が適用される?

 

先述したように返済がおくれたら遅延損害利率が適用されると説明しまたが返済が遅れていなくても遅延損害利率が適用されることがあるのです。

 

おまとめローンは通常のカードローン商品を利用する場合かおまとめ専用ローンを利用することがあります。消費者金融はおまとめ専用ローンとなります。

 

おまとめ専用ローンだと追加借入することができず完済するまで返済のみとなり返済額も変わることがありません。返済額は返済回数によって契約時に決められることになります。

 

ただ返済途中に何らかの理由で返済金額を下げてしまったら契約通りに完済することができずその後も返済しなくてはなりません。

 

最終返済期限に完済できなければそれ以降は遅延損害利率が適用されてしまうのです。本人は毎月の返済日に返済したつもりでも最終返済日以降は延滞扱いとなるのです。

 

つまり最終返済日の支払いがないことにより遅延損害利率が適用されることになるのです。計画通り返済しないと高い利率が適用されるので注意が必要となるのです。

 

おまとめローンで延滞してしまったら?

 

おまとめローンでももれなく遅延損害利率は適用されます。借入金額が少額であれば影響も少ないですが、借入額が大きくなるおまとめローンの場合は延滞することによる影響は大きくなります。遅延損害利率は限度額に応じて変わりませんので通常利率と遅延損害利率の差は大きくなっていくのです。

 

遅延損害金はどれくらいになるか確認!
カードローン
(限度額200万円の場合)
通常利息(1日) 遅延損害金(1日)
アコム 821円(通常利率15%) 1095円(損害利率20%)
三井住友銀行カードローン 657円(通常利率12%) 1092円(損害利率19.94%)
住信SBIネット銀行 MRカードローン(プレミアムコース) 383円(通常利率6.99%) 1095円(損害利率20%)
オリックス銀行カードローン 701円(通常利率12.8%) 816円(損害利率14.9%)

 

通常利息と遅延損害金の1日当たりの金額を比較しました。限度額200万円の場合ですが1日あたり100円~700円の違いがあります。この差は遅れず返済すれば支払わなくてもいいお金になります。

 

この差は限度額が200万円の時でありこれより大きな金額をおまとめローンで利用した場合の差はもっと大きくなっていきます。

 

例えば三井住友銀行カードローンより200万円の借入をしていてその返済ができず1ケ月後の給料で返済をしようとする場合、通常利息+遅延損害金で約53,000円(657円×30日+1092円×30日))になります。

 

三井住友銀行カードローンの限度額200万円の最低返済額は月25,000円となっており2回分返済しても50,000円となり不足することになるのです。こうなってしまうと返済計画が崩れてしまうのでおまとめローンの場合は特に返済を先延ばしにすることなく必ず収入の中から返済金を確保することが必要になります。

 

返済金が充当される順番は?

 

毎月の返済する時には利息や遅延損害金等が発生しています。毎月の返済額がどのように充当されていくかで残高がいくら減っていくかがわかります。

 

充当される順序は@遅延損害金A通常利息B元金となっています。元金に優先的に充当されると残高が0円で利息だけが残るという変な状況になってしまうのです。

 

遅延損害金や通常利息に充当され残った金額が元金に充当されます。延滞日数が長くなると遅延損害金が増えほとんど元金充当されず残高が減らなくなります。

 

少しでも元金へ充当されればいいですが毎月の返済額が遅延損害金+通常利息よりも少なければ返済額は遅延損害金+通常利息以上に変わります。つまり毎月元金充当される入金をしなければならないのです。

 

返済ができない場合はどうすればいいか?

 

おまとめローンを返済していくなかではお金の都合がつかない場合も必ず出てきます。そんな時は最低利息だけでも支払することが大切です。元金は減らず利息のみ支払することを「ジャンプ」と呼んだりもします。業者に相談をすれば利息だけの支払いはほとんどの場合了承してくれます

 

しかしよくあるのが一度利息だけの支払をしてしまったらその頻度が増えていき借入が減っていかない人がいるのです。利息のみの返済は何回してもいいものではなく本当に苦しい時にだけして下さい。

 

返済額が低いカードローンを選ぶ

 

毎月の返済ができなくなる理由としては返済額が高いということが挙げられるでしょう。

 

カードローンにより返済額にばらつきがあります。返済額が低いカードローンを選択すれば返済が苦しくなる可能性は少なくなります。

 

ただ返済額が低いとなかなか減っていきませんが追加返済することも可能となりますので余裕がある時は多めに返済するようにすれば無理なく返済を継続できるでしょう。

 

返済を遅れないようにする方法は?

 

おまとめローンを利用すると返済する件数も減るので返済を忘れる危険性は少なくなります。さらにカードローンの中には返済日近くになったらメールで知らせてくれるサービスもありますので利用するとさらに忘れることは少なくなります。

 

返済方法には口座振替かカードを利用してATMから返済する方法等があります。

 

口座振替であれば口座にお金が入っていれば自動で返済してくれますので返済忘れの心配はないでしょう。しかし給料の振込口座から振替すると記帳されてしまった場合に借入がバレる危険性はあります。

 

一方カードで返済する場合は勝手に返済されることはなく利用者自身でATM等で返済する必要があるので忘れる可能性は高くなります。カードでは毎月多めに返済していくことが可能になりますが口座振替は最低返済額しか返済できないことがあります。

 

カードローンを返済せず放置していたら差押される?

 

おまとめローンというかカードローンの返済を放置していたら遅延損害金がかさむだけではなく将来的に住宅ローンや車のローンが組めなくなります。家や車は買わないという人でもスマホも分割で買えなくなってしまうのです。

 

具体的には3ヶ月返済を滞れば信用情報に長期延滞が記録され一定期間残ってしまうのです。つまりその後返済をしてもその情報は残り過去に長期延滞したことがわかってしまうのです。

 

ローンやクレジットが作れないのも困りますが放置していたら訴訟を起こされ強制的に回収されることもあります。例えば給料差押や口座差押等が行われます。

 

給料差押される金額は全額ではなく手取り金額44万円以下であれば1/4、44万円超の場合は33万円差押されます。

 

返済不能になった場合はどうするべきか?

 

おまとめローンを利用しても絶対完済できる保証はありません。突然収入がなくなってしまい返済することができなくなることがあります。

 

貯金等があり返済を継続しいていくことができればいいですが貯金等もなく仕事をすることもできなければ継続して返済していくことができなくなります。そんな時のためにも毎月の返済額が低いカードローンを選ぶこともおまとめローンを利用するうえでは重要なのです。

 

とはいえ支払できないからといって放置してしまえば上記で説明したように訴訟されてしまい差押さえるものがあれば差押されてしまいます。また業者も返済目処が立たない中では相談にのりようもないので非常に困ってしまうのです。

 

完全に返済不能になってしまったら債務整理をして今後の返済計画を立てる必要があります。債務整理には任意整理特定調停自己破産個人再生があります。

 

この4つのなかで借金が完全に無くなるのは自己破産のみとなります。(その他でも過払いがあれば別)その他は借金が残り返済をしなくてはなりませんが無理のない程度で返済計画を立てることが可能です。

 

基本的に特定調停以外は弁護士や司法書士へ依頼して特定調停は契約者本人で申立することがほとんどです。