銀行カードローンの審査は誰がしているか?

 

銀行カードローンから借入できる条件として年齢や安定した収入があることの他に保証会社の保証が受けられるとういう条件が入っています。

 

保証会社の保証が受けられるとはどういうことなのでしょうか?

 

簡単に言うと銀行カードローンの審査は保証会社が行い、審査が通れば借入ができるということです。

 

銀行カードローンは無担保無保証で借入ができる代わりに保証会社の保証を受ける必要があるということなのです。銀行カードローンはこれにより返済ができなくなった場合には、保証会社から代位弁済を受けることが可能となります。

 

銀行は保証会社に保証料の支払をして保証してもらっています。保証会社は返済できなくなれば代わりに払うので審査は保証会社が行うということです。

 

保証料がいくらと詳しいことはわかりませんが、銀行は保証料以上の利息収入があれば損しないことになります。

 

保証会社が代わりに払ってくれるからといって返済しなくていいことはありません。代位弁済があれば銀行への返済義務は無くなりますが保証会社への返済義務が生じるのです。

 

また信用情報には事故情報として記録され代位弁済されたことはわかってしまいます。結局借りたものは自分自身で返済する必要があるのです。

 

保証会社を知ることは審査において重要?

 

保証会社は銀行によって違ってきますが、消費者金融や信販会社が担っていることがあります。

 

例えば三菱東京UFJ銀行カードローンであればアコム、三井住友銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証会社となっています。

 

消費者金融はカードローンを審査して融資を行っていますが、保証会社としての審査には違いはあるのでしょうか?

 

実際アコムの新規貸付率は40%台後半となっているのに対して三菱東京UFJ銀行カードローンは正確な数字までは公表されていませんが貸付率はそこまでは高くありません。申込する人は同じではないため一概にいえませんが審査基準に違いはあるでしょう。

 

例えばアコムならパートやアルバイトでも借入できるが三菱東京UFJ銀行カードローンなら借入しにくいといったものです。

 

つまり銀行カードローンの審査はあくまで保証会社であり消費者金融や信販会社が行っているが、審査基準には相違があります。保証会社のカードローン審査で通過しても銀行カードローンの審査に落ちる可能性は十分あります。

 

 

アコムへの申込はこちらから⇒

 

銀行カードローンは保証会社へ申込するのと同じ?

 

保証会社(プロミスやアコム等)は最近できたようなところではなく長年にわたり貸金業を営んでいます。過去~現在にかけて保証会社のカードローンを利用したことや今現在も利用中に人もいるはずです。しかしここで問題なのがそのカードローンでの取引状況です。

 

保証会社のカードローンの利用経験があれば、保証会社は返済状況を詳しく把握できており、しっかり返済するのか、または遅れて返済ばかりしているのかはすぐわかってしまうのです。

 

また陥りやすいミスがあります。過去自己破産や長期延滞(貸倒)、過払い請求などを行った場合、一定期間すれば信用情報からは消えてしまい、過去に金融事故があったことがわからなくなります。いくら信用情報から消えたとしても社内情報としては残っています。

 

例えば過去にプロミスで破産歴あってその情報は信用情報から消えているとします。この場合で三井住友銀行が審査をしたら信用情報も問題なく借入ができる可能性は高くなります。しかし審査するのは保証会社プロミスとなりますので過去破産があることは把握していますので、審査は不利になります。

 

保証会社への申告と違う申告をしても問題が出てくるでしょう。A社に勤めていると申告して申込をして保証会社のカードローンではB社に勤めていると申告していれば最悪審査には落ち保証会社での追加融資も止められてしまう可能性もあります。

 

下記で大手消費者金融のプロミスとアコムが保証会社となっている銀行カードローンの一部を紹介します。過去に該当の銀行カードローンを利用して返済に問題があった人はプロミスやアコムでの審査には不利になってきます。

 

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証会社の銀行カードローン

  • 三井住友銀行カードローン
  • ジャパンネット銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行カードローン(住信SBIネット銀カードもあり)
  • 横浜銀行カードローン
  • 大垣共立銀行カードローン(ザ・マキシマム)
  • 福岡銀行カードローン

 

アコムが保証会社の銀行カードローン

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン
  • セブン銀行カードローン
  • 北海道銀行カードローン
  • 第三銀行カードローン
  • 十六銀行カードローン

 

 

銀行カードローンの審査に不安があればプロミスへ

 

カードローンに保証人や連帯保証人をつけるケースはあるのか?

 

銀行カードローンは保証会社を利用するため、連帯保証人が必要になることはなく借入の途中で必要になるといったことはありません。

 

しかし消費者金融は保証会社を利用していませんので連帯保証人が必要な場合がでてきます。大手ではあまりないですが中小の消費者金融だと連帯保証人をつけることが条件であったり返済途中で無職になったりして返済が困難な場合に債権保全のために連帯保証人をつけるよう求められることがあります。

 

ちなみにカードローンでは保証人ではなく必ず連帯保証人となります。連帯保証人は主債務者と同等の返済義務が生じるためです。普通の保証人だとまずは主債務者へ請求を行ってからでないと請求できませんが、連帯保証人だと請求する順番を気にすることなくいきなり連帯保証人に請求することができるのです。

 

しかし何となく連帯保証人になったりする人も多く請求されても自分には関係ないという対応をする人は非常に多いです。はっきりいって連帯保証人になってしまったら自分が使っていなくても自分の借金という意識が必要となります。安易な気持ちで連帯保証人にならないように言われるのはそのためです。

 

銀行カードローンの保証会社一覧

 

いろいろな銀行カードローンがありますがそれぞれどこが保証会社となっているか一覧にしてみます。カードローンを申込する時の参考にしてみて下さい。

 

銀行カードローン 保証会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
三菱東京UFJ銀行カードローン アコム
楽天銀行カードローン 楽天カードまたセディナ
新生銀行カードローン(レイク) 新生フィナンシャル
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション
スルガ銀行カードローン オリエントコーポレーションまたはスルガキャピタル
りそな銀行カードローン りそなカード

 

上記が主な銀行カードローンの保証会社になります。消費者金融のアコムやプロミスであったりグループ会社だったりします。

 

保証会社が2つあるカードローンはどちらも審査に通る必要がある?

 

保証会社が2つある銀行カードローンもあります。オリックス銀行カードローンはもともとオリックス・クレジット株式会社だけだったのですが、新生フィナンシャル株式会社と保証提携することで提携前にあった前年度の年収による申込制限を撤廃しています。

 

つまり2つの保証会社の審査基準は違ってきます。全く同じ審査基準であれば保証会社が2つある必要がありません。

 

例えば保証会社Aは借入金額には厳しいが年収よる制限は設けない、保証会社Bは借入金額には重要視しないが年収がいくら以上ないと貸せないといったように基準が変わります。つまり審査通過対象になる可能性が高くなるのです。

 

このように2つ保証会社があることで申込しやすくなったりするのです。当然100%審査に通過することはありません。