完済後のカードローンはどうすればいいのか?

 

カードローンを完済した場合そのままにしておくことがあります。カードローンにおける完済とは残高が0円になったことを指します。

 

しかしカードローンは、残高0円になった時でも、限度額内であれば追加借入することができるのです。

 

カードローンのように返済と借入を繰り返す契約は包括契約と言われます。

 

包括契約とは別に個別契約というものがあります。個別契約のローンといえば一番わかりやすいのが車のローンです。車のローンはカードローン違い繰り返し利用するものではなく完済すれば契約が終了します。

 

包括契約を終了させるには解約の申出をしなければなりません。とはいっても別に難しいことではなく金融機関に電話して解約しますというだけで問題ありません。解約になれば契約書が返却されますし、必要なければローン会社で処分もしれくれます。

 

おまとめローンの場合は完済の証明として契約書や完済証明書の提出が必要なところもあるみたいですので解約の手続きをとる必要が出てくる場合もあります。

 

カードローンを解約しないメリット、デメリットは何か?

 

カードローンの解約をしないことにはメリットもデメリットもあります。

 

カードローンを解約しないメリットは限度額内でいつでも借入することができることです。個別契約の場合は自然と解約になるのですがそういった場合は再度利用する時に再契約が必要となるのです。

 

つまり解約してしまうと急なお金が必要となった場合に再審査が必要となり審査に通らなければ借入することができないので融資までに時間がかかってしまうこともあります。

 

解約しないデメリットは信用情報から消えないことです。本来完済すれ5年で信用情報から消えるのですが解約せずにそのままにしておけばその情報は消えることがありません。

 

また解約しないと住宅ローンや車のローンを組む時に支障をきたすことになります。解約しなければいつでも借入できる状況だと判断されてしまうのです。

 

ちなみ消費者金融には年収の1/3以上の借入はできなくなっています。ここでいう借入額は実際に借入している金額ではなく限度額の合計となるのです。

 

つまり借入額が0円だとしても限度額の関係で審査に落ちることも十分あるということです。カードローンでも何らかの理由で追加の借入ができなくなって完済した場合は解約しましょう。

 

おまとめローン後にお金が必要になったらどうするべきか?

 

おまとめローンには専用商品があったり銀行ではフリーローンを利用する場合や銀行だとカードローンをおまとめローンとして利用することもあります。

 

おまとめローン専用商品やフリーローンとカードローンの違いは借入後に限度額内で追加借入ができるかどうかです。専用商品等の場合は返済のみとなり追加借入はできませんがカードローンの場合は利用できるということです。

 

カードローンをおまとめローンとして利用した場合にお金が必要となれば限度額内で追加借入すれば問題ありません。

 

しかし専用商品やフリーローンを利用した場合の追加借入はできません。完済したカードローンも解約していれば追加借入はできないので再度申込する必要が出てくるのです。

 

そこでおまとめローン後に他社へ申込をしても審査に通るかという疑問が生じてきますがおまとめローン後に貸し付けを行うかは金融機関ごとの判断になります。

 

おまとめローン後返済をしっかりしていれば融資を受けることも十分可能となりますが、おまとめローンを利用して一度も返済がないような状況で申込をしても審査に通らないでしょう。

 

おまとめローンを利用したということは信用情報を見ればすぐわかり返済をせず申込すると結局借入額が増えることになるので審査に通らないのです。

 

おまとめローンの審査に影響がある解約していないローンとは?

 

今まではおまとめローンで完済したカードローンについて説明しました。これからはおまとめローンに申込前にしておくことについて説明します。

 

カードローンは解約しないとおまとめローンの審査に影響がでてきます。カードローンの審査では借入件数が重要になってきます。

 

解約していないカードローンは残高が0円になっていても件数は1件と判断されて限度額分の借入あると判断されることがあります。カードローンは解約しない限り借入できてしまうからそのように判断されるのです。

 

おまとめローンの審査に通過しやすくするなら利用しないカードローンを解約をしてから申込するようにしましょう。また少額の借入があるならできるだけ完済(解約)をして申込するようにして下さい。

 

カードローン以外にもクレジットカードのキャッシング枠も解約しておくようにしましょう。キャッシング枠を利用するとカードローンと同じにようにカードで現金が借入することができます。このキャッシング枠もおまとめローンだけに限らず通常のカードローンの審査に影響してきます。

 

クレジットカードのキャッシング枠は貸金業法が適用されますので当然おまとめローン審査に影響するのです。

 

ただクレジットカードはショッピングしか使っていないがキャッシングもついているという人はいると思います。利用しないのであればキャッシング枠のみ解約をしておきましょう。