おまとめローン借入するのに重要なのは借入件数か借入金額か?

 

おまとめローンの審査では借入件数や借入額、勤務先等がチェックされます。

 

よくおまとめローンは借入件数が多い(4件~5件)と審査に通過しにくいという話がありますが、決して間違いではありません。

 

信用度が高いのはどっち?

@借入件数2件・借入額200万円
A借入件数5件・借入額200万円

 

上記の借入の場合は信用が高いのは@です。なぜなら@は1社平均100万円なのに対して、Aは1社平均が40万円となります。1社あたりの借入金額が高い方が信用度は高く審査では評価されます。

 

限度額が高い=返済能力がある」と判断できるのです。

 

一方Aは増額せず件数が増えています。その理由が増額できないのではなく、あえて新規で契約しているとしても審査する側はそう判断しません。「限度額が低い=返済能力に問題がある」と判断され審査では不利になります。

 

おまとめローンで借入件数が多いと審査では通りにくいのは、1件あたりの限度額が低いからです。また限度額高くても件数が多くなれば、借入額も多くなるので審査には不利になります。

 

おまとめローンと属性の関係は?

 

おまとめローンの審査で確認されるのは借入件数や借入額等の信用情報だけで審査されることはありません。

 

信用情報についで大事なのが属性となります。属性とは申込する時に入力する自宅情報(持家、ローン、家族構成等)や勤務先の情報(勤続年数、収入、役職等)のことになります。

 

属性では返済能力の確認が行われるのです。今後も安定した収入があり完済するまでの返済能力はあるか判断されるのです。

 

おまとめローンに限らずカードローンの審査では安定した収入が重要になるので勤務先の情報は重要視されてくるのは間違いありません。

 

一方自宅の情報では逃げる心配はないかの判断となるでしょう。持家(本人名義)で家族同居でローン返済中だと返済せずに行方不明になるとは考えにくいからです。賃貸、独り暮らしであればいつでも住むところを変えることができてしまうので行方不明になる可能性が高くなってくるのです。

 

信用情報+属性を総合的に判断しおまとめローンの審査は行われています。

 

おまとめローンは多重債務になる前に利用するべき?

 

おまとめローンは件数が増えると借入金額も増えて審査が不利になってしまいます。今は件数が少ないのでおまとめローンを利用しないと考えの人もいるかもしれません。

 

おまとめローンを利用するのに件数は関係なく少しでも早く完済したいのであればできるだけ早く金利の低いカードローンでまとめることが大事なのです。借入が1件200万という人でも金利の低いカードローンへ借り換えでも可能なのです。

 

おまとめローンは多重債務者が利用するイメージですが多重債務とは件数ではなく返済が苦しければ2件でも多重債務と言えるのです。おまとめローンの目的は金利を下げて返済額も下げて返済を楽にするのが目的と言える商品なのです。

 

カードローンは便利なものです。便利とはいっても借金ですので早く完済することにこしたことはありません。はっきりいって多重債務になってからおまとめローンを利用しても遅すぎるのです。

 

そのような状況では審査にも通りにくいため、通常に返済できている時にこそ、おまとめローンを利用して早期完済を目指しましょう。