モビットはおまとめローンに向いている?

モビットにはアコムのようにおまとめローン専用商品がなく、銀行のように通常のカードローンを利用することになります。

 

消費者金融は、おまとめローン専用商品があれば年収の1/3以上でも借入できますが、モビットは専用商品がないため、それ以上借入はできません。

 

モビットはおまとめローンとして利用できないわけではありませんが、決して向いているとは言えません。


 

年収600万円の人がモビット借入できる金額は200万円までとなります。つまり借入を全てまとめるためには、すでに借入している金額が100万円以下である必要があります。

 

借入額が90万円の場合は、モビットが90万円融資しても借入総額は180万円となり、年収の1/3以下のため問題はありせん。

 

しかし借入額が110万円の場合は、モビットが110万円融資すれば総額が220万円となってしまうため全てをまとめることができません。

 

つまり年収の1/6以上の借入がある場合に利用すると、全てまとめられず一部残ってしまうのです。

 

モビットの商品内容

 

金利 3.0%~18.0%
限度額 800 万円
返済期間・返済回数 最長8年10ヶ月・最大106回

 

モビット返済額

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超20万円以下 8,000円
20万円超30万円以下 11,000円
30万円超40万円以下 11,000円
40万円超50万円以下 13,000円
50万円超60万円以下 16,000円
60万円超70万円以下 18,000円
70万円超80万円以下 21,000円
80万円超90万円以下 24,000円
90万円超100万円以下 26,000円
以降20万円増 4,000円追加

 

上記がモビットの商品内容になります。下限金利は3.0%と低くなっていますが、適用されることはほとんどありません。

 

100万円以下だとほぼ間違いなく18%、100万円を超えると最大で15%が適用されるでしょう。

 

限度額の上限は800万円となっていますが、こちらも利用できる人は僅かでしょう。単純に年収が2400万円となるからです。

 

 

モビットの公式サイトはこちら⇒

 

web完結は、郵送物、在籍確認電話がありません

 

モビットはweb完結申込をすれば、契約はweb上で完了、カードレスでの取引となり郵送物が一切ありません。

 

原則電話連絡はなく、メールでのやり取りとなり、在籍確認も給与明細2ヶ月分+社会(厚生)保険証を提出することで完了します。

 

郵送物。、在籍確認の電話がないモビットのメリットは、借入がバレる心配がないことです。

 

モビットのWEB完結を利用するのに必要なもの
  • 運転免許証かパスポート
  • 健康保険証
  • 直近2ヶ月分の給与明細
  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座

提携ATMを無料で利用できるの?

 

カードローンの借入や返済するのにコンビニ等の提携ATMを利用することがあります。銀行カードローンでは無料で利用できるところもありますが、消費者金融は手数料が必要となります。

 

モビットはコンビニ等の提携ATMを利用するには手数料(1万円以下108円 1万円超216円)が必要となります。

 

自社ATMを利用できればいいですが、モビットは自社ATMの設置がありません。カードを利用する時は提携ATMしかないのです。

 

ただ、三井住友銀行ATMは無料で利用できます。三井住友銀行のATM設置台数は多くなっています。 

 

即日融資希望ならモビット?

 

モビットでおまとめローン利用とすると、最短即日で利用することができます。

 

おまとめローンは金額が大きくなるため、審査時間は長くなりますが最短即日審査はできます。

 

他消費者金融(アコムやプロミス等)は業者が完済処理をしてくれるため、融資を受けることはありません。

 

一方モビットは契約者自身で完済しなければいけません。利息は毎日発生するので一日でも早く完済するためには、即日融資を受けるべきなのです。

 

モビットカードや振込だけではなく、スマホを使ってセブン銀行ATMから借入ができるため、即日融資が受けやすくなっています。