やっぱり無職ではカードローンの審査には通らない?

早速結論ですが、無職の人はカードローンからお金を借りることは厳しいです。

 

消費者金融は「安定した収入がある人」が申込条件になっています。

 

ただ配偶者がいる人は専業主婦(夫)として申込をしたり、年金生活者でもお金を借りれる消費者金融はありますが、下記の大手消費者金融では借りることはできません。。

 

消費者金融の申込条件

消費者金融 申込条件
プロミス 年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入がある人
アコム 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する人
アイフル 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人
SMBCモビット 満年齢20才〜69才の安定した収入のある人

 

無職が自営業としてカードローンに申込をしてもバレない?

 

無職の方がカードローンの申込の時に「自営業者と偽る」ということを考えるかもしれません。

 

職業に無職と書くより、自営業と書いた方が審査に通る可能性は高くなります。

 

カードローンは原則安定した収入が必要となるため、屋号なしで自宅で開業してるように見せかけて申込をすることはできます。

 

ちなみに自営業として申込をしても審査には通りにくいです。無職と比較するとまだ可能性があるということです。

 

実際に自営をしているか見分ける方法はあると思われ、自営と偽って申込をしても100%ではありませんが、高い確率でバレます。例えば収入証明書の提出を求められると用意できず、審査に落ちることになります。

 

無職なのに自営と偽ってバレた場合、社内ブラックとなり、今後そのカードローンでお金を借りれないこともあり得ます。

 

カードローンは信用取引なのに、虚偽の申告をすれば、今後信用できないと判断されるためです。ちなみに虚偽で申込することは犯罪ですので注意して下さい。

 

身内(両親等)が自営をしていて、そこで働いていることにして申込する方がまだバレにくいでしょう。この場合は在籍確認の電話に本人が出られれば問題ありません。この場合でも収入証明書が必要となれば用意できず審査には通りません。

 

内定者は無職?カードローンでお金を借りれる?

 

内定者の人は卒業に向けて何かとお金が必要となります。卒業旅行、新生活の準備等でお金がかかることがたくさんあります。

 

親に頼めればいいですが、全員がそういうわけにはいかないでしょう。卒業が近いとアルバイトも辞めてしまって、無職状態の人もいるはずです。

 

内定が決まっているとはいえ、現在収入がないのであれば、カードローンは利用することは難しくなります。

 

ただ一部の銀行やろうきんでは内定者専用のカードローンを取り扱っており、アルバイトをしてなくても、内定通知書を出せば借りることができます。しかも通常の金利より低く、一桁台で利用できます。

 

内定者専用のカードローンがある金融機関

・東京都民銀行
・武蔵野銀行
・静岡ろうきん
・東海ろうきん

 

無職だけど家賃収入はある!審査に通るのか?

 

無職だけど、アパート・マンション経営をしてる人もいるかもしれません。個人でアパート経営してる場合や、大○○託やレオ○○ス等のサブリースを利用している人もいるでしょう。

 

貸金業法によると家賃収入は、定期的(安定)な収入と認められています。ただし事業として行う場合はダメとなっています。

 

法律的に認められていても、実際審査の時に、家賃収入を安定した収入と判断してるかは微妙なところでしょう。

 

空室になると収入はなくなり決して安定してるとは言えません。サブリースであれば空室の有無に関係なく一定額の家賃収入が入り安定はします。ただローンの支払い、家賃が下がると収入も減りローンの支払すらできなくなるリスクがあるため、家賃収入だけでの借入は難しいでしょう。

 

給料+家賃収入とすれば、審査にはプラスになるでしょう。

 

生命保険の解約返戻金を担保にすれば審査なし!

 

保険会社から契約者貸付制度を利用すれば、契約している生命保険の解約返戻金を担保に、お金を借りれます。借りれる金額は一般的に、解約返戻金額の70〜90%となっており、保険会社によって異なります。

 

そして解約返戻金を担保にすることで、審査がなく、2週間程度でお金を借りることができます。

 

金利は10%未満となっていて、カードローンより低く借りることができますが、返済できなければ、保険が失効することになります。

 

契約者貸し付け制度の申請方法

1.担保する保険の「証券記号番号」を確認する
2.契約者本人が、利用する旨を伝える
3.必要書類に記入して、保険会社へ提出
4.手続き後1週間程度で振込される

 

年金を担保に借りても問題ない?

 

年金受給者がカードローン以外からお金を借りる方法として、年金を担保にしてお金を借りるという方法です。

 

本来、年金を担保にしての貸付は禁止されていますが、独立行政法人福祉医療機構(WAM)と政策金融公庫は認められています。

 

年金証書を預けて、年金受給権を担保にすることで10万円~200万円まで借りることができます。

 

毎月の返済は年金から天引きされるため、手元に入る年金額が少なくなります。

 

WAMの年金担保貸付の商品内容

融資金額 10万円~200万円(資金使途が生活必需物品の購入の場合は10万円~80万円)
借入利率 年金担保融資:2.1%(H29年9月1日現在)
労災年金担保融資:1.4%(H29年9月1日現在)
担保 年金受給権 年金証書を預かり、引き換えに年金証書預かり証を渡します。
連帯保証人 必要(審査基準あり)
信用保証制度(保証料必要)を利用する方法もあり