専業主婦(夫)とカードローン

 

早速ですが専業主婦(夫)の借入は可能となります。しかし消費者金融ではなく銀行カードローンを選択する必要があります。

 

専業主婦(夫)が消費者金融から借入ができなくなったのは総量規制の影響によるものです。総量規制以前といえば専業主婦でも消費者金融から借入することもでき配偶者の承諾は必要ありませんでした。

 

現在消費者金融は配偶者の同意があれば貸付できますが実際は行っていません。また申込する専業主婦(夫)も配偶者に相談できるようであればカードローンへ申込したりもしないでしょう。

 

相談できないのは借入する理由が生活費や個人的なことに利用するにしても給料のなかでやりくりできていないことが恥ずかしいという発想になってしまうのでしょう。

 

借入理由の半数が生活費となっているのも事実であり現在の収入では生活できなかったうえ借入してしまうと毎月の返済がのしかかってくるので月々の返済額も気になる点の1つとなってくるでしょう。

 

専業主婦(夫)は借入できるのか?いくら借入できるのか?バレずに借入できるのか?返済額はいくらか?など疑問や心配に思っていることを解決していきます。

 

収入がない専業主婦(夫)はカードローンを利用できるのか?

 

先述した通りになるのですが専業主婦(夫)は銀行カードローン以外借入ができないと考えたほうが良さそうです。配偶者の同意を得る貸付は「配偶者貸付」と呼ばれるのですが、大手の消費者金融で行っているところはなく、中小消費者金融でも行っていところはほとんどありあmせん。

 

銀行カードローンでは借入が可能となりますが、全ての銀行で借入できるというわけではなく消費者金融のように専業主婦(夫)への貸付を行っていない銀行もあるのです。

 

貸付を行っている銀行カードローンは楽天銀行イオン銀行が挙げられます。地方銀行でも貸付を行っている銀行も多く有名な銀行だけではなく地元の銀行からでも借入することは可能となっています。

 

専業主婦(夫)はいくら借入できるか?

 

あくまで本人に収入があるわけではないので借入できる金額は最高でも50万円となってくるでしょう。

 

各銀行のホームページを見ると専業主婦(夫)の借入できる金額を明記しているところもあれば、専業主婦(夫)でも借入できるとのみ書いてあるだけのところがあります。

 

楽天銀行は50万円、みずほ銀行は30万円、静岡銀行は50万円等となっており50万円を超える金額はありませんでした。

 

銀行カードローンはバレずに借入はできるのか?

 

専業主婦(夫)に限った話ではありませんが借入は極力バレたくないものです。バレる可能性が高いのが銀行からの郵送物になります。カードローンを利用するにあたり契約書やカードが送られてきますので家族が受け取ってしまい借入がバレてしまうこともあります。銀行からの書類ですので外見だけではバレませんが、勝手に開封されてしまったらバレてしまいます。

 

そこで利用したいのが自動契約機です。自動契約機へ行けばその場でカードも受取可能となり郵送物がなくなりますので是非利用したいものです。

 

しかし銀行カードローンで自動契約機を設置しているところは少なく、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、新生銀行(レイク)には自動契約機が設置してあります。

 

このなかで専業主婦への貸付をしているのが三菱東京UFJ銀行となりますのでカードローンを選ぶポイントになるでしょう。

 

配偶者に借入がバレる可能性は?

 

配偶者にカードローン利用がバレる理由

  • 配偶者の在籍確認
  • 配偶者の信用情報への登録
  • 配偶者の収入証明書の準備

 

自動契約機で契約すれば借入のバレる可能性はないのでしょうか?専業主婦ならのではの心配もあると思います。

 

専業主婦(夫)の審査は配偶者の収入等に基づいて行われます。ここで気になるのが在籍確認です。自分が仕事をしていれば在籍確認として勤務先に電話をされますが、専業主婦(夫)は働いているのが配偶者なので在籍確認をされてしまい借入がバレてしまうのではないかと心配になるかもしれませんが配偶者への在籍確認はありません

 

またほとんどの場合が収入証明書を用意する必要もありませんのでわざわざお願いして用意してもらう必要もないのです。場合によっては必要な場合もあります。

 

あと気になるのが信用情報の影響です。配偶者の信用情報に借入状況が記録されては困ると思いますがこれも心配はありません。借入の情報が記録されるのは契約者のみとなりますので配偶者の信用情報に記録される心配もなくローンが通らないといったことにもなりませんが配偶者貸付を利用すれば記録されますので覚えておいたほうがいいです。

 

毎月の返済額は専業主婦(夫)でも返済できる金額なのか?

 

専業主婦(夫)は自らの収入では自由に使えるお金が少ない人もいるはずです。利用目的が生活費という人が多く資金に余裕があるとは考えにくいのです。

 

そんな状況が予想されますのであまり高い返済額だと継続して返済することができなくなってしまうので毎月の返済額は気になるポイントだと思います。

 

カードローンの返済額

カードローン イオン銀行カードローン 楽天銀行カードローン みずほ銀行カードローン
借入額10万円 3,000円 2,000円 10,000円
借入額20万円 5,000円 5,000円 10,000円
借入額30万円 5,000円 5,000円 10,000円
借入額40万円 5,000円 10,000円 10,000円
借入額50万円 10,000円 10,000円 10,000円

みずほ銀行カードローンは専業主婦(夫)場合の上限は30万円です。

 

返済額はカードローンによっていろいろです。あまり高過ぎても毎月の返済ができなくなってしまうし、低過ぎるとなかなか減っていきません。

 

専業主婦(夫)が利用できるカードローンは他にもたくさんあります。比較してみて無理なく返済できるカードローンを選択する必要があります。

 

アルバイトやパートの審査基準は?

 

主婦(夫)には専業主婦(夫)だけではなくアルバイトやパートとして働いている方もおられるはずです。アルバイトやパートの場合の審査は配偶者ではなく本人の収入を基に審査されます。

 

ただパートで働いている人は収入を抑えている人もいますので消費者金融だと借入できても30万円まで、銀行カードローンでも同額くらいになります。

 

またアルバイトやパートの場合は勤続年数も大切になってきます。本人の属性を基に審査しますので配偶者の収入がわからないので(無職かもしれない)本人が仕事をすぐ辞めてしまったら返済ができなくなってしまいます。そのため勤続年数は長ければこの先も辞めないだろうと判断され審査に有利となります。

 

正社員であれば勤続年数は健康保険証等で把握することはできるのですが、配偶者の扶養となっている主婦(夫)の場合は勤続年数が把握しにくいのです。

 

専業主婦でもクレジットカードは利用可能?

 

専業主婦(夫)でも銀行カードローンであれば借入することが可能と説明しました。しかしカードローンは審査があり通らないと利用することはできません。

 

ここでおすすめしたいのがクレジットカードの家族カードを作って利用する方法です。家族カードはクレジットカード契約者の配偶者や親、子供(18才以上)なら審査なしで利用することができるのです。一部のクレジットカードでは審査がある場合もあります。

 

あくまで契約者の信用情報や属性を基に審査されるので収入がなくても、過去破産等をしていてもクレジットカードを利用することができたりメリットがたくさんあります。ポイントも家族カードでも貯めることができるので貯めやすく、利用明細も併せて郵送されてくるので子供の使い過ぎを確認できたり、家計を管理しやすくなります。

 

家族カードのメリット

  • 審査がないため専業主婦(夫)でも利用できる
  • ポイントが家族で貯められる
  • 利用明細がまとめてくる

 

家族カードのデメリットとして挙げられるのは限度が共有されることです。例えば60万円ショッピング枠ができたとした場合、家族カード利用者全員で60万円までしか利用できませんのでいざという時に利用できない可能性があります。また無駄な買い物等がバレてしまうという点もデメリットと言えます。

 

家族カードのデメリット

  • 限度額は家族で共有となる
  • 何を買ったかバレてしまう

 

女性専用のカードローンがある?

 

金融機関の中には女性専用のカードローン商品レディースローンを扱っているところがあります。

 

レディースローンと通常のカードローンの違いは受付~契約まで全て女性スタッフが対応してくれるという点です。アイフルではレディースローン限定デザインのカードがあります。

 

つまり金利や返済額、審査基準に違いがあるというわけではありません。ただカードローン(消費者金融)のイメージから女性スタッフによる対応を希望する女性がおられるのは事実です。

 

レディースローンを扱っているのは消費者金融がほとんどですが銀行で扱っているのが新生銀行カードローンのレディースレイクになります。

 

銀行カードローンが全て専業主婦への貸付を行っているわけではありません。ただレイクの場合は専業主婦への貸付がHPで明言されていませんが借入診断から判断すると借入可能だと判断できます。

 

借入診断で専業主婦は年収も0円で入力して下さいとなっていて実際入力してみると借入可能となったのです。専業主婦で女性スタッフ希望であればレディースレイクをおすすめします。