消費者金融のおまとめローンなら年収の1/3以上でも借入できる?

 

当サイトでも説明していますが、消費者金融からは通常年収の1/3までしか借入できません。

 

ただおまとめローンを利用する人の中には年収の1/3を超える借入がある人もいるでしょう。

 

そんな人でも大丈夫です。おまとめローンの場合は、年収の1/3を超える借入ができます

 

総量規制の例外貸付に該当しているため、年収の1/3を超えても問題がないのです。

 

消費者金融のおまとめローンは追加借入はできるのか?

 

カードローンの特徴として残高が減れば限度額内で追加借入ができます。

 

消費者金融のおまとめローンは追加借入することはできません。完済するまでひたすら返済することになります。

 

また大手の消費者金融では完済を代行してくれるため、おまとめローンを利用しても1円も手元に入ってこないのです。

 

追加借入はできませんが、借入残高は確実に減っていくため、借金をゼロにしたい人におすすめです。

 

消費者金融のおまとめローンの返済額は?

 

消費者金融のおまとめローンの返済額は、返済期間や返済回数よって変わります。何年(何回)で完済するかによって決定されます。

 

決めた年数や回数で完済できる返済金額は消費者金融の方で計算しれくれます。そこで決まった金額を毎月完済するまで返済していきます。

 

おまとめローンの返済額はカードローンと違い残高が少なくなっても下がることはありません。

 

先述している通り追加借入れもできず完済予定日が決まるため、計画的に返済していくことができます。

 

消費者金融のおまとめローンのメリットは?

 

消費者金融のおまとめローンのメリットの1つして手数料なしで他社清算を代わりに行ってくれます。

 

契約者自身で行う場合、銀行振込の手数料が必要、来店する場合、複数あれば時間がかかってしまうことになるためありがたいサービスです。

 

金額が大きいことがあるおまとめローンですが、最短即日審査に対応しています。

 

おまとめローンにおいて即日審査がメリットになるかは微妙ですが、審査結果が早く知りたい、早く低い金利で借りたい人にはおすすめです。

 

消費者金融のおまとめローンのデメリットは?

 

デメリットとしては金利が高いという点です。上記でアコムとプロミスのおまとめローンを紹介していますが、上限金利が通常のカードローンと変わりません。

 

100万円以上の法定上限金利は15.0%となるため、確実に3%は下がりますが、100万円未満なら下がらないこともあります。

 

後ほど紹介しますが、アイフルのおまとめローン(おまとめMAX)は上限金利が15.0%になっているため、借入総額100万円未満の人にはおすすめです。

 

そして消費者金融のおまとめローンは銀行カードローン、クレジットのショッピング枠をまとめることができません。

 

銀行カードローンを利用している人が消費者金融のおまとめローンを利用する時は1つにならないため、注意が必要です。

 

消費者金融おまとめローンの特長のまとめ

 

下記が消費者金融のおまとめローンの特長です。

  • 年収の1/3以上でも借りれる
  • 契約後の追加借入不可(返済のみ)
  • 毎月の返済額は一定
  • 他社の完済を代行してくれる
  • 最短即日審査
  • 金利が高い
  • 銀行カードローン・クレジットのショッピング枠は対象外

アイフルのおまとめローン

 

アイフル

アイフル

アイフルの特徴

アイフルのおまとめローンはかりかえMAXとおまとめMAXがあります。かりかえMAXはアイフルを初めて利用する人、おまとめMAXは過去~現在にアイフルを利用している(していた)人が申込できます。2商品の違いは、上限金利の高さです。アコムは18%になっているため、借入総額が100万円未満の場合に金利が下がらない可能性があります。おまとめMAXの上限金利は15.0%になっているため、借入総額が100万円未満の人には絶対におすすめです。

金利 12.0%~17.5%(かりかえMAX)
12.0%~15.0%(おまとめMAX)
契約額 最高500万円
返済期間/回数 最長10年/1回~120回