カードローン審査の信用情報とは何か?

 

カードローンだけではありませんがローン契約を利用するさいは審査が必要なります。カードローンは相手を信用して無担保、無保証で融資を行います。その信用をチェックするため信用情報が利用されるのです。

 

信用情報を管理しているのはCIC(シーアイシー)、JICC(日本信用情報機関)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)になります。CICとJICCは貸金業者や信販会社が加盟しておりKSCは銀行が加盟しています。貸金業者はJICCかCICの最低どちらかに加盟して借入の申込があれば信用情報を利用して審査することが義務となっています。銀行は3つの情報機関全てに加盟しているところがほとんどです。

 

貸金業者や銀行は申込の情報や契約をすればその内容を情報機関へ登録することによりその情報を他社と共有することになります。情報を登録したり照会したりするには申込者(利用者)の同意が必要となります。NETで申込しようとすると信用情報の取り扱いに同意する必要あるのはそのためです。同意しなければ審査すらしてもらえないのです。

 

信用情報でわかること!
  • 個人情報
  • 契約内容
  • 返済状況
  • 異動情報の有無

 

信用情報では上記のようなことがわかります。

 

まず個人情報になりますが、氏名、生年月日、住所、連絡先、勤務先の名前、電話番号などがわかります。申込内容と信用情報が相違していれば詳細が確認とれないと審査が進んでいきません。個人情報が更新された日付もわかりますので直近に更新があったにも関わらず申込内容が相違していれば怪しまれてしまいます。つまり虚偽の申込もしても信用情報によりバレる可能性もあるのです。審査に通らなくても申込した情報も登録されるため、短期間に申込をし過ぎると申込ブラックとなり審査に落ちてしまうのです。

 

契約内容では他社借入(自社情報含む)の契約内容がわかります。契約日、限度額、借入残高、借入方法などがわかります。消費者金融などの貸金業者は年収の1/3までしか貸付ができないため借入残高をチェックし融資額を決定します。ここで借入残高は多すぎれば審査の通過率が下がってしまうのです。

 

返済状況では過去の返済状況、次回返済日、完済日などがわかります。ここで毎月の延滞状況が把握できるため、延滞が目立つようであれば審査に落ちることになるのです。

 

異動情報とは事故情報とも呼ばれますが、自己破産、長期延滞<、長期延滞解消、代位弁済、強制解約、債務整理といった情報のことです。この情報があるとほぼ審査に通過することはありません。この情報は5年~10年で消えるため、過去に破産していても一定期間が経過すれば再度借入することが可能となります。

 

永久に消えない社内ブラック情報とは?

 

先述したように自己破産や長期延滞等の異動情報は5年~10年で信情報から無くなります。しかし信用情報から異動情報が消えたとしても全てのカードローンから借入することができる訳ではありません。

 

破産や長期延滞で貸倒となった業者の情報からは消えることがないのです。つまりそのような社内ブラック情報により一度破産した業者からの借入は難しくなるのです。

 

消費者金融のプロミスやアコムは融資業務だけでなく数多くの銀行カードローンの保証業務も行っています。保証業務を提携している銀行カードローンの審査は保証会社であるプロミスやアコムが行っています。

 

つまり過去に異動情報があり今は消えている人が銀行カードローンに申込する時には保証会社をチェックする必要があります。

 

主な銀行カードローンと保証会社

銀行カードローン 保証会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
三菱東京UFJ銀行カードローン アコム
楽天銀行カードローン 楽天カードまたセディナ
新生銀行カードローン(レイク) 新生フィナンシャル
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション
スルガ銀行カードローン オリエントコーポレーションまたはスルガキャピタル
りそな銀行カードローン りそなカード

 

加盟していない信用情報機関の情報は見られないのか?

 

基本的に加盟していない信用情報機関の情報を見ることはできません。

 

例えばCICだけに加盟している業者はJICCだけに加盟している業者の信用情報は原則把握できません。しかしこれではJICCだけに加盟している業者で自己破産をしてもCICだけに加盟している業者で借入することができてしまう問題が発生してしまいます。

 

そこで異動情報などのマイナスとなる情報に関しては3つの情報機関で共有されているのです。つまり自己破産や長期延滞をすればどこの業者からも借入はできません。そんな状況で貸してくれるの闇金だけになりますので注意が必要となります。

 

また信用情報には身分証を紛失して他人の利用が懸念される場合でもその情報が信用情報機関に登録することができます。このような情報は本人申告コメントと呼ばれたりしますが、その情報も共有されますので3つの機関のうちどこかに登録すれば共有されます。

 

異動情報が消えているか調べる方法とは?

 

先述した通り自己破産などの異動情報は一定期間経過すれば消えるため新たにカードローンを利用することも可能となります。消えていると思い申込をしても実際に消えておらず審査に通らないということもあります。

 

そこで確実に異動情報が消えているか確認するには信用情報を取り寄せて自分で確認すればいいのです。

 

CIC、JICC、KSCへ信用情報の開示請求をすれば手数料1,000円位かかりますが確認することができます。ここで異動情報が消えているのに審査に落ちることがあれば信用情報ではない他のところに問題があると思ってください。

 

過去に自己破産等を起こしている人は借入を諦める必要はありませんが、申込する前に自分の信用情報がどうなっているかを調べておくことは大切です。信用情報はカードローンだけではなく住宅ローンや車のローン等の全てに影響してきます。

 

死亡した人の信用情報を見るには?

 

身内の人が亡くなったりして相続する場合は亡くなった人の信用情報をチェックしておくことは大事です。相続と言えば不動産等のプラスの物も対象になりますが、債務等も相続の対象となるのです。

 

信用情報は原則本人しか請求することはできませんが、身内が亡くなった場合は請求することが可能となりますのでチェックして下さい。プラスの遺産とマイナスの遺産を比較して相続するか決めましょう。

 

プラスの遺産はなく借金しか無かった場合は必ず相続放棄の手続きをして下さい。相続しないで放っておくと単純承認となり勝手に相続することになります。

 

相続放棄は死亡を知った日から3ヶ月以内にする必要があります。相続放棄は家庭裁判所へ行けば手続きがとれます。手続き後に相続放棄申述受理票が貰えますのでそれを銀行や消費者金融に郵送またはFAXをしましょう。

 

一番は弁護士等に依頼することをおすすめします。ちなみに過払金が発生しているようであれば契約者が亡くなっても請求することは可能となります。

 

奨学金は信用情報に登録される?

 

学生時代に奨学金を借りた人は少なくないはずです。奨学金もカードローンのようにお金を借りるわけですから無利子、有利子とありますが返済しなくてはいけません。

 

奨学金は立派な借金なのでカードローンの審査に影響してくるのではないかと心配な人もいるでしょう。

 

これまで説明してきましたがカードローンは信用情報を照会して審査を行います。つまり奨学金を管理する日本学生支援機構(JASSO)が信用情報機関に加盟していれば審査に影響することになります。

 

日本学生支援機構(JASSO)は信用情報機関の1つKSCに加盟しているのです。ただし延滞しなければ問題はなく延滞3ヶ月以上で信用情報に登録されます。

 

奨学金は国から借りているからといい加減な返済をしていれば信用情報に傷がつきカードローンだけではなく住宅ローン等も組めなくなるので注意が必要です。

 

ただし信用情報に関する同意書を提出していなければ勝手に信用情報へ記録されることはありません。

 

奨学金の信用情報