消費者金融は提携ATM手数料で損をしている?

 

カードローンの借入や返済をコンビニの提携ATMで行っている人もおられるでしょう。

 

ただ提携ATMを利用すると手数料が発生することがあります。この手数料1回だけなら大した金額とはなりませんが、完済するまで払っていくと結構な金額になります。

 

提携ATM手数料が無料か有料なのかは、カードローンを選ぶ基準の1つになるでしょう。

 

消費者金融は提携ATMで手数料が必要です。1万円以下は108円、1万円超は216円の手数料が必要となります。

 

例え2万円返済して、2万円借入すると432円の手数料が必要となります。

 

消費者金融ATMの営業時間は?

 

消費者金融は自社ATMであれば手数料0円で利用できます。家の近くや会社の通勤途中にATMがあれば利用するべきです。

 

消費者金融のATM設置台数と営業時間を紹介しておきます。ちなみにプロミスとモビットは三井住友銀行ATMでも無料で利用できます。

 

カードローン 設置台数 営業時間
アコム 約1100台(2017年3月現在) 24時間
プロミス 約1100台+三井住友銀行ATM(2017年3月現在) 7時~24時(ATMによってばらつきあり)
アイフル 約480台(2017年3月現在) 7時~22時(ATMによってばらつきあり)

 

銀行カードローンなら提携ATM手数料が無料?

 

銀行カードローンは提携ATM手数料が0円で利用できます。

 

コンビニ提携ATM手数料無料のカードローン!

  • 新生銀行カードローンレイク
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン

 

 

セブンイレブンは全国に約19,000店舗、ファミリーマートは約18,000店舗(サークルK合併後)、ローソンは約12,000店舗となり3つのコンビニで約50,000店舗あります。

 

コンビニに設置してあるATMを確認!

コンビニ ATM
セブンイレブン セブン銀行ATM
ファミリーマート Enet-ATM
ローソン ローソンATM

 

ゆうちょ銀行のATMも手数料無料?

 

利用できる提携ATMはコンビニだけでなく、ゆうちょATMも利用できます。ゆうちょATMだとわかりにくいですが、く郵便局に設置してあるATMのことで全国に約27,300台あります。

 

郵便局なら全国隈なくあるため、無料で利用できれば便利です。コンビニATMを加えると約77,000台となります。郵便局もコンビニも無料で利用できるカードローンを紹介します。

 

ゆうちょとコンビニATM手数料無料なカードローン!

    • 新生銀行カードローンレイク
    • 三井住友銀行カードローン(キャッシュカードをローンカードとして利用の場合は不可
    • オリックス銀行カードローン
    • スルガ銀行カードローン

 

手数料がかからない返済方法は?

 

提携ATMを利用して返済すると消費者金融は手数料が必要です。手数料をもったいないと考える人は、口座振替で返済がおすすめです。

 

口座振替は口座にお金を入れておけば、勝手に引き落としがかかるため便利です。もちろん手数料は必要ありません。

 

給料の振込口座を振替口座に指定しおけば忘れる心配はないでしょう。銀行カードローンの場合は、振替口座が指定されることがありますが、消費者金融の場合は口座指定されません。

 

引き落としされる金額は最低返済額になってしまうため、追加返済する場合はATMから行う必要があります。