カードローンで借入がバレたくなければweb完結!?

 

 

web完結を利用するメリットはこちらです。

 

  • web上で契約が完了するので署名しなくていいので来店や郵送が不要
  •  

  • 主な連絡方法はメールで電話連絡が少ない
  •  

  • カードレスが選択できるので郵送物がなくなり借入がバレにくい

 


 

カードローンを借入する時に困るのが、契約書やカードが送られてくることにより借入がバレてしまうことです。近くに自動契約機があれば書類が送られてくることなく、契約まで行えるので問題はありませんが、仕事等で行けなかったりすると、契約書やカードが送られてきます。

 

しかし最近のカードローンでは契約書やカード送られてくることなく、web上で申込~契約までできてしまうweb完結というサービスがあります。

 

web完結はパソコンやスマホからの申込になるため、自動契約機のように入る時に周りの目を気にする必要もなく、申込するハードルが低くなっています。インターネットの発達により気軽に申込することができるようになったことで利用者だけではなく、業者にも申込者数が増えるというメリットが生まれました。

 

身分証明書や収入証明書もホームページからアップロード、アプリを使って送信することが可能となっています。

 

審査において申込内容の詳細聞き取りが必要な場合は電話連絡がくることもありますが、基本的に審査結果もメールで届き、電話連絡もなしで借入することも可能なカードローンもあります。

 

本来カードローンはカードを発行するものですが、カードレス(カード発行なし)を選択することができ、郵送物をなくすことができます。

 

カードローン利用者の多くはバレず利用したいはずです。そんな時にはweb完結が利用できるカードローンを選択してみてはいかがでしょう。

 

消費者金融のweb完結で電話連絡&郵送物なし

 

消費者金融、銀行カードローンでweb完結は利用できますが、完全に郵送物をなくすことができるのは、消費者金融のモビットとプロミスです。

 

特におすすめはモビットでweb完結を最初にサービス提供したカードローンになります。モビットのweb完結は連絡のやり取りはメールとなり電話連絡もなく、カードレス対応で郵送物もなくすことができます。そのため、仕事で電話が出れないという人でも、スマホだけで契約できます。

 

ただ特定の預金口座や収入証明書、健康保険証が必要になります。

 

 

SMBCモビットのweb完結に必要なもの

  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行いずれかの預金口座
  • 社会保険証または組合保険証(国民健康保険はダメ)
  • 本人確認書類
  • 給料明細書2ヶ月分または給与明細書1ヶ月+源泉徴収票or税額通知書or所得証明書or確定申告書

 

プロミスのweb完結は、モビットのように電話連絡も一切なしということはできませんが、カードレスで取引することはできるため、郵送物は完全になくすことができます。

 

ちなみに口コミによると借りバレ原因の1つである在籍確認を、銀行カードローンより消費者金融の方が給与明細等で代用してくれるとのことです。

 

 

銀行カードローンはweb完結&郵送物なしにできる?

 

全ての銀行ではありませんが、web完結対応しているカードローンはあります。ただ郵送物なしにすることは難しいです。

 

例えば三井住友銀行カードローンは、web完結に対応しており、キャッシュカードで借入返済を行えるためカード発行もありませんが、利用規約等の郵送物が発生します。

 

郵送物をゼロにするためには、三井宇住友銀行のローン契約機または三菱UFJ銀行のテレビ窓口を利用すれば可能になります。

 

銀行カードローンは即日審査ができないため、ローン契約機やテレビ窓口で申込をしてもその場で結果はでません。webから申込をして審査通過後の来店しましょう。

 

郵送物なしで家族にバレないおすすめのSMBCモビットとプロミス

 

 

上記で説明しましたが、モビットとプロミスは郵送物なしで借りることができるため、おすすめのカードローンです。

 

2つのカードローンを比較すると、利率はプロミスの方が僅かですが低く、モビットには無利息期間サービスがありません。

 

ただこの2つは三井住友銀行グループということもあり、下記のような共通点があります。

 

  • 即日審査~融資が可能(審査は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり)
  •  

  • スマホを使ってセブン銀行ATMから借入返済可能
  •  

  • 三井住友銀行のローン契約機が利用可能
  •  

  • 三井住友銀行ATMの手数料が0円で利用可能

 


 

SMBCモビットの商品内容

限度額 上限800万円
借入利率 3.0%~18.0%(実質年率)
無利息サービス ×

 

 

プロミスの商品内容

限度額 上限500万円
借入利率 4.5%~17.8%(実質年率)
無利息サービス 〇(初回30日間)

 

 

web完結に必要な銀行口座は?

 

web完結は誰でも利用できるものではなく業者によって違いますが、一定の条件があります。条件の中に特定に銀行口座を持っていることが必要という条件があります。web完結に必要な銀行口座を紹介しておきますので参考にして下さい。

 

必要口座

モビット 三井住友銀行または三菱UFJ銀行またはゆちょ銀行
プロミス 本人名義であればどこの口座でもOK
アコム 本人名義であればどこの口座でもOK
銀行カードローン 自行預金口座

 

銀行カードローンは自行の口座が必要となります。銀行カードローン中には、キャッシュカードにローン機能を付けることができるため、カード発行が不要になりますが、利用規約等が郵送されるそうです。(三井住友銀行聞き取り済)

 

アコムは自動契約機(むじんくん)で郵送物なしにしてバレない

 

消費者金融はweb完結することはできますが、カードレス未対応にて、必ず発行されます。

 

アコムの場合、郵送物なしにするには自動契約機へ行って契約しなければいけません。webから申込をして審査通過後に自動契約機でも問題ありません。

 

自動契約機の設置台数は約1050台(2017/12時点)、営業時間は8:00~22:00/年中無休(年末年始は除く)と足までやっているため、仕事終わりなどでも受け取りできます。

 

※下記リンク先はカードローン専用アコムカードの申込です。おまとめローンとは商品内容が異なります。

 

アコムの商品内容

限度額 上限800万円
借入利率 3.0%~18.0%(実質年率)
無利息サービス 〇(初回30日間)

 

 

消費者金融のおまとめローンはweb完結&郵送物なし?

 

消費者金融はカードローン以外におまとめローン専用商品を取り扱っています。

 

今まで説明したように、カードローンはweb完結&郵送物なしが可能ですが、おまとめローンはweb完結にすることはできません。

 

アコムとプロミスはwebからの申込ができず電話か無人契約機または有人店舗来店が必要となります。アイフルはwebから申込できますが、契約書は郵送または来店となります。

 

郵送物は無人契約機または有人店舗へ来店することでなくすことはできますが、できなければ郵送されてくることなります。

 

モビットはおまとめローン専用商品がないため、もし利用するのであれば通常のカードローンに申込することになります。モビットの場合は審査にに通ればweb完結&郵送物なしにすることはできます。