カードローンを利用するのに在籍確認は絶対必要なのか?

 

在籍確認とは申告した勤務先に本当に働いているか確認することであり、お金を貸す側からすれば大事な作業になります。

 

在籍確認なし借入できるカードローンはなく、どのカードローンの審査でも在籍確認は必要です。審査において在籍確認は最終段階といえ、問題なければ契約となることがほとんどです。

 

在籍確認は電話で行われ、消費者金融の在籍は個人名、銀行カードローンは銀行名もしくは個人名で電話をかけます。

 

在籍確認に怪しまれないコツ
  • 時間指定をする
  • 在籍確認はお願いすれば都合のいい時間にかけてくれることがあります。他人に出られるから怪しまれるので、時間指定をして自分で電話に出れば問題ありません。

     

  • あらかじめ在籍確認の電話があることを伝えておく
  • 在籍確認があるのは別にカードローンだけではありません。クレジットカード等でもかかってくることがあります。クレジットカードを作ることにはほとんどの人が抵抗はないはずです。つまり「クレジットカードの在籍確認で電話かかってきます」と伝えておけば、電話がかかってきても怪しまれることはありません。

     

  • 銀行名でかけてもらう
  • 個人名より銀行名の方が怪しまれないことがあります。そもそも個人名で勤務先にかかってくる時点で違和感がありますが、銀行であれば「ローンの在籍確認です」と言ってしまえば問題はありません。しかし消費者金融が銀行名を使って在籍確認することはできません。

 

在籍確認で借入をバラされることはあるのか?

 

銀行でも消費者金融でもカードローン審査の在籍確認とはバレないように電話をかけます。もちろん電話の相手から用件を聞かれても、カードローンの審査とバラすようなことはありません。

 

電話は折り返しかかってこないように、原則非通知でかけています。番号通知が必要な場合は、折り返しがあっても社名を名乗らない番号でかけます。

 

銀行の場合は折り返しかかってきて銀行名を名乗ってもカードローンの利用とバレることはありませんが、消費者金融の場合は社名を名乗ってしまうとカードローンの利用がバレてしまいます。

 

どうしても在籍確認は困る人はどうすればいいか?

 

給与明細社会保険証で在籍確認してくれる場合があります。

 

実際に三井住友銀行カードローンとプロミスに問い合わせをした結果、双方とも「審査結果によっては給与明細等で代用できる場合もある」という回答を得ました。口コミでも「源泉徴収で在籍確認の電話がなかった」というのがあります。

 

お金を貸す側の意見

お金を貸す側は貸付率の社内目標があり、基本100%貸付をしたいものです。前述したように在籍確認は審査の最終段階であり、ここで問題がなければ貸付できるわけです。信用情報や属性といった審査基準はクリアしているのに在籍確認が取れないことにより貸付ができないことはもったいなく感じてしまうものです。

 

つまりせっかく貸付できる顧客を逃さないためにも収入証明書(多少怪しくても可)を出してくれれば貸付することもあります。特に月末、期末といった時期であれば目標達成のために若干審査もゆるくなることが予想されますので狙ってみるのもいいかもしれません。

 

セブン銀行カードローンは在籍確認が必要ない?

 

セブン銀行カードローン

在籍確認もなく収入証明書も不要なカードローンが存在します。それがセブン銀行カードローンとなります。

 

セブン銀行カードローンは口座が無いと利用することができず、口座が無ければ融資まで1週間~2週間程度かかります。

 

セブン銀行カードローンの最大の特徴が原則在籍確認は必要なく収入証明書も不要となっていることです。

 

上記はセブン銀行のホームページの一部です。勤務先への連絡は原則ありませんが、場合によっては在籍確認が必要となるようです。

 

セブン銀行カードローンの商品内容
限度額 10万円、30万円、50万円、70万円、100万円
金利 15%(70万円、100万円は14%)
返済額 10万円は5,000円/30万円・50万円は10,000円/70万円・100万円は15,000円