増枠(増額)はおまとめローンのチャンス?

 

おまとめローンを利用する方法は、現在利用していないカードローンに申込をする以外に、現在取引中のところへ申込する方法もあります。増枠(増額)の申込をする時に、利用目的をおまとめローンと伝えましょう。

 

全く取引したことのないカードローンを利用するより、取引中のカードローンへ申込をする方が安心して利用できます。

 

審査においても有利になると考えられます。増額の審査は、新規借入審査と大きな違いはありませんが、増額するカードローンでの取引状況が加味される点が少し違います。

 

銀行カードローンと消費者金融の両方を利用しているのであれば、金利の低いため、銀行カードローンででまとめることをおすすめします。さらに消費者金融では銀行カードローンをまとめることができません。

 

増額審査でチェックされることは?

 

増額審査では今までの返済履歴が重要視されます。契約してすぐに申込しても審査することなく断られることもあるため、最低半年の取引は必要です。

 

取引履歴は長ければ信用も高くなります。ただ、遅れずに返済していることが条件で、毎回遅れているようであれば、長期間取引があっても審査に有利とはなりません。

 

増額審査でチェックされる項目として借入額の増減も挙げられます。契約時の借入残高はデータとして保存されていることが多く、借入の増減はチェックすることができます。

 

借入額が減っていれば問題はありませんが、急激に増えていたりすると、審査する側が返済能力に疑問を持つことになります。

 

毎月の返済額は増額審査に影響するか?

 

返済が遅れが審査にマイナスとなる理由は、今の返済額でも返済できないのに、これ以上借入が増えれば返済ができなくなると判断されるからです。

 

ただ、毎月の返済を遅れず、さらに最低返済額より多めに返済していれば審査する側も返済に余裕があると感じます。

 

つまり増額して返済ができなくなるリスクが少ないと判断し審査に通りやすくなります。

 

早期完済するために毎月の返済を多めにしている人は、おまとめローンの審査を受けてみることをおすすめします。

 

毎月の返済額を増やすことで信用を高めましょう!