増枠(増額)はおまとめローンのチャンス?

 

おまとめローンを利用する方法は、現在利用していないカードローンに申込をする以外に、現在取引中のカードローンへ申込する方法もあります。

 

全く取引したことのないカードローンを利用するより、取引中のカードローンへ申込をする方が安心して利用できます。

 

利用中のカードローンへ申し込みするということは限度額を大きく(増額)することになります。増額はこちらからではなく、業者から案内がくることもあります。その時がまとめるチャンスです。

 

新規借入審査と大きな違いはありませんが、増額の場合は予め審査をして連絡してきます。一定以上の信用がある状態であるため、おまとめローンとして利用したいと伝えると、通常に申し込みするよりは審査に通りやすいでしょう。

 

銀行カードローンと消費者金融の両方を利用しているのであれば、金利が低いため、銀行カードローンで増額することをおすすめします。

 

カードローン限度額一覧

カードローン 限度額
みずほ銀行カードローン 最高800万円
オリックス銀行カードローン 最高800万円
三井住友銀行カードローン 最高800万円
三菱UFJ銀行カードローン 最高500万円
アコム 最高800万円
SMBCモビット 最高800万円
プロミス 最高500万円
アイフル 最高800万円

増額審査に通って限度額を大きくするポイントは?

 

 

カードローンで増額審査に通るポイントはこちらです。

  • 前回契約時から、最低でも半年〜1年以上の取引。
  • 返済遅れが少ない(あっても1日遅れが1回~2回くらい)
  • 前回契約時から他社借入件数・残高が増加していない(減っていればなおいい)
  • 住所や勤務先などの内容が変わってない
  • 年収が増えている
  • 毎月最低金額以上の返済をしている

 

契約してすぐは増額審査には通りません。最低でも半年~1年以上(業者によっては3ヶ月程度でも可)は取引をしてから増額しましょう。今の限度額で遅れず継続的な返済ができるかを確認しないまま増額とはなりません。

 

当然カードローン取引中の返済は遅れることがあってはいけませんが、1日くらいの遅れなら問題ないでしょう。ただ毎回1日遅れているようであれば増額審査に通ることは難しく、返済遅れの回数は半年に1回までくらいでしょう。

 

そして前回契約時より借入件数や借入金額は増やさないようにしましょう。これは返済負担の増加などが心配になるからです。逆に借入件数や金額が減っていれば、返済負担減と判断されます。

 

住所や勤務先が変わっていると不利になります。カードローン審査では居住年数や勤続年数は長い方が有利となります。特に勤務先は今の勤務先をすぐに辞めてしまうのではないかと不審になります。

 

勤務先を辞めずに、収入が増えていれば、必ず申告しましょう。収入増は増額審査が有利になるだけではありません。消費者金融は法理によって年収(税込)の1/3までしか借りれず、銀行は自主規制で年収の1/2または1/3としているカードローンが多いです。つまり収入増=借入可能金額増ということになるため、増額できる幅が大きくなります。

 

そして返済を遅れるだけでなく、金額を多めに入金しておけば増額審査には有利です。これは増額しても返済は問題なしと審査で判断されるからです。

 

希望限度額の返済額を調べて、その金額を入金しておけば、希望金額を借入できる可能性は高くなります。

 

金利は限度額で決まる!金利を安くするために増額!?

 

銀行カードローンの金利は、限度額によって変わります。借入残高がへったから金利が上がることはありません。

 

増額案内がきて限度額が上がれば、お金を使わなくても、金利を下げることができます。

 

ついつい使ってしまうという人は、増額するのは控えておきましょう。増額して借りてしまえば、借金が増えてしまいます。

 

みずほ銀行カードローンの金利

限度額 金利
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
500万円以上600万円未満 年5.0%
600万円以上700万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

 

消費者金融のおまとめローンは増額では利用できない?

 

消費者金融は通常のキャッシングローンとは別に、おまとめローン専用商品があります。

 

つまりキャッシングローンを増額してまとめるのではなく、おまとめローン専用商品と新たな契約をすることになります。

 

キャッシングローンとおまとめローン専用商品は、別商品となるため、商品性に違いがあります。

 

一番の違いはおまとめローン専用商品は、追加借入ができず、完済するまで返済のみとなります。

 

プロミスのキャッシングローンとおまとめローン専用商品の違いを紹介しておきます。

 

プロミスのキャッシングローンとおまとめローンの違い

項目 キャッシングローン おまとめローン
金利 4.0%~17.8% 6.3%~17.8%
限度額(契約額) 上限500万円 上限300万円
無利息サービス ×
WEB契約 ×(来店必須)
即日審査
追加借入 ×(返済のみ)